最近多いように思うGKの飛び出しミスに仮説を立ててみた

最近多いように思うGKの飛び出しミスに仮説を立ててみた

今シーズンからJリーグの女子マネージャーという設定で佐藤美希さんが色々とわからないなりにJリーグのプロモーションをしてくれてますね。

Jリーグがこれからどんどん大きくなっていくためには、彼女のような何も知らない人をいかにスタジアムに導くかも大きな課題かと思うので、人選含め今のところ好感しています。

とりあえず、女子のユニはずるい。

どうもぼくです。

スポンサーリンク

最近、飛び出しのミスをよく見かける

ものすごい感覚値なので恐縮ですが、先日のFC岐阜のGKをはじめ、GKの飛び出しミスをこのところ立て続けに観ているような気がします。

ウズベキスタン戦の柴崎のゴールもそうでしたね。

この2つのプレーに限っていえば、「無理して出てくるところじゃない」というのが僕の感想。

岐阜の方は完全にDFが落下点に入っているし、たとえ声掛けしているとしてもリスクが高すぎるプレーで、そのリスクが失点として結実した最悪の例と言えるでしょう。

なぜこういう失点が増えているのか

増えているのか、厳密にはわからないです。すみません。特に統計とかとってないです。

仮に増えているとしましょう。無理やり。

ではそれはなぜなのか、ぼくは理由は一つだと思っています。

それは「ノイア―のプレーが間違った形でタスク化している」のではないかということです。

ご存じノイア―といえば、ハーフラインまで飛び出してスイーパー的役割までこなす世界最高のGKです。

その極端までの守備範囲の広さと果敢なチャレンジは見る者を熱狂させ、相手チームのため息を誘います。

見ている側はハラハラとしつつもそのプレーに魅了されているのは確かでしょう。

GKのタスクは増えていると何度でも言う

・今のがノイア―だったら…
・(飛び出しに成功したら)ナイスノイア―
・裏のスペースはGKがカバーしてほしい

などなど、GKがエリア外でプレーすることが求められることが増えましたね、昨今。

しかし、裏のカバーと一口に言いましても、少なくとも条件が必要です。

・高い位置のポジショニング
・よーいドンに勝てるスピード
・確実に蹴りだせる、あるいはつなげる足元の技術

より重要なのはポジショニングで、あまり出過ぎるとプロのキック力だとハーフライン過ぎたところからでも普通にロングキックで狙われます。

状況を見極める戦術眼込みのポジショニングが必要です。

そして、いざボールが出たときにFWとよーいドンになるわけですが、先に触ることが絶対ですからスピードも求められます。

鈍足じゃいくらスタートが良くてもゲームオーバーです。

そして、出た後にトップスピードの状態から相手にあてたりせずに確実にタッチラインに蹴りだすなりできるか、あるいは味方につながないと一発でピンチです。

このように、飛び出しプレーを成功させるには色々と条件がそろっている必要があります。

バカだとできない

で、この飛び出しなんですが、口は悪いですがバカだとできません。

ノイア―は飛び出すときはものっすごい出てきますが、出ないときは徹底して出てません。

トレーニングもしっかりやっているからでしょうが、このへんの「出る・出ない」の見極めが非常にうまく、頭つかってやっているから成功するんですよね。

何でもかんでも出ればいいってもんじゃないんです。

いたずらに「ノイア―になること」がなんとなく「暗黙のうちに」求められる空気があるんでしょうね。

だから「とりあえず出てみる」みたいな間違った形でタスクになっちゃったんじゃないかなと。

まとめ

ぼく個人の話をしますと、ガチャ目なのもあって遠近感が取れないこともあり、飛び出しはくっそ苦手でした。

大学時代になんか掴んで、それから出来るようになってきましたが、やはりこれは練習しないと結構難しい。

要するに「判断力」の問題なんですが、これを鍛える方法を元U-20ホンジュラス代表GKコーチの山野氏が執筆しておられます。

ぼくも購入して読みましたが、「なんだこんなことかよ!」とか思ったりするのですが、まじで現役の時に読みたかった方法論でした。

今も現役でプレーされているかた、GKを指導しなくちゃいけない方は一読すると役立つと思います。

あ、一応ですがステマじゃないよ(笑)

今回は以上!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)