中村航輔をレイソルに戻すべき3つの理由

中村航輔をレイソルに戻すべき3つの理由

お久しぶりです。

1歳になったばかりの次女が「突発性発疹」を発症しまして、3日くらい40度くらいの発熱に見舞われて我が家はてんやわんやでございます。。

そんな中、今週クラシコと勘違いして無駄に睡眠時間を削りかねないところでした。

完全にggrks事案なのですが、ツイッターのフォロワーさんに救済いただいて事なきを得ております。

スポンサーリンク

俺たちの中村です。

Qolyさんの記事が出回った事もあって、にわかに注目を集めている福岡にローン中の俺たちの中村くん。俺たちの中村くんです。いいですか、「俺たちの」中村くんです。

大事な事なので何度でも言います。

GKが補強ポイントの鹿島さんがちょっかいを出しているという、サッカーダイジェスト様の嘘か本当かわからない話も出回っておりますが、繰り返します。

「俺たち柏の」中村くんです。

中村を戻してほしい理由

さて、入念に強調したところで、「超主観的かつ趣味趣向的」中村を戻すべき3つの理由について書いていこうと思います。

主にあげられる理由は3点です。

①単純に今季の実績が素晴らしい
②レイソルにもたらされるプラスα
③「J1でスタメン」が理想

昇格争い真っ只中の福岡の方は③を読むとお怒りになるかもしれませんが、ちょいとお待ちを。

①単純に今季の実績が素晴らしい

Qolyさんの中村セーブ集記事失点集記事を見てもらえば一目瞭然ですが、今季J2の舞台で彼が挙げた成績は立派だと思います。

海の向こうでは16歳がミランのゴールマウスを守ったりしてますが、隣の芝を見ても仕方ありません。

舞台がJ2とはいえ、9月に月間MVP、10月に月間MVPに連続ノミネートされるほどの活躍を見せています。

失点数は17試合でわずかに9。福岡のDFの良さもありますが、GKとしてこれは誇るべき数字。

失点の内容自体も、札幌戦の股抜きは気にならないこともないですが、ポジショニングそのものは「ゾーン1」で合ってるし、他の失点も結構スーパーな感じなので許容と思います。

こちらのブロゴラの記事によると、セーブ率は86.8%という数字を叩き出しています。やはり福岡守備陣の良さもあって被シュート数がリーグ9位ではあるものの、GKとして誇るべき数字であることは変わりません。

まだシーズン終わってませんが、これだけの実績を残しているのですから、一度呼び戻してレイソルの中で競争させることは、決してマイナスにはならないでしょう。

②レイソルにもたらされるプラスα

今季のレイソルはなかなか残念な結果に終わってしまったわけですが、菅野と桐畑でしのぎを削った感があります。

一時、桐畑がポジションをようやく掴んだかに見えましたが、調子がいいゆえの過信系ミスが出てしまったそこからまた菅野に変わったという流れ。。

で、もともと指摘されているわけですが、タッパのなさが影響して失点したシーンも残念ながらありました。

中村がゴールマウスに立った場合、そういう失点は減ると思います。

身体能力自体も高いですし、抜群に上背があるわけではないですが、小さいわけでもありません。そして、セーブ集を見て思いますが、比較的「強いセーブ」ができている印象です。

また、ビルドアップに関しては中村がもたらす影響は大きいのではないでしょうか。

福岡にはウェリントンがいるので、パントキックはドッカン蹴りが多く、そこの質はちょっとわかりませんが。

加えてレイソルは監督が変わり、しかも謎が多いのでどういうプレーが求められるかわかりませんが、どうやら戦術家らしいので足元の技術があるのはアドバンテージではないかなと。

③「J1でスタメン」が理想

最後にこれです。

福岡の昇格がどうなるかはわかりませんが、五輪を見据えた場合、中村の成長にとってよりプラスになるのは「J1の舞台でコンスタントに出ること」だと考えます。

拮抗してきているとは言ってもやはりJ1の方がレベルは上ですし。

レイソルに帰ってきた場合、菅野・桐畑・稲田との凌ぎの削りあいになるわけですが、今季の活躍を見る限り、最初はベンチ外。、ベンチくらいになるかもしれませんがチャンスはくるはずです。

※追記
三浦選手は契約満了が発表されました。

最低でも福岡での延長が許容範囲だ

というわけで、上記の3つの理由と、見てて構えっぷりとか顔つきともいいし、単純に楽しみだしレイソルユースの最高傑作なんだからレイソルのトップで使えや!という感情的な理由により「戻すべき、いや、戻して!」といったところ。

五輪も見据えますと、福岡がJ1に昇格できればローン延長で残るという選択肢はあってもいいのかもしれません。

個人的な思いですが、もし昇格が叶わなかった場合はJ2でやれることはもうわかりましたし、やはり成長幅を考えるとJ1のレイソルに戻すのがいいように思います。

譲れるラインてここまでじゃないですかね?

鹿島に売るとか・・・

「尚鹿既断」ということで。。

育成目的だっていいない

仮に福岡に残ろうが、レイソルに戻ろうがどこに行っても競争は待っていますし、もともと怪我しやすいところがあるので、今後どうなるかの確証はもちろん得られませんし、それは彼次第です。

ミランの16歳GKの起用でもよく語られることですが、「育成目的ではなく実力だ!」と言われますね。

僕は結構その意見には懐疑的でして。

確かに、彼に素晴らしい実力があることは間違いないのは僕も確認したのですが、いうても16歳です。

チームとしては公には言わないでしょうが、育成も目的の一つに結構な成分で入ってるに違いありません。ていうかそれが一番だよ実際。

使い続けて覚醒するところが、若手選手にはありますからね。それは明確に「育成」です。

そういう意味では、多少菅野に劣る程度なのであれば、20歳の中村と心中でいいと思ってますし、悪い結果にはならないと思っています。

まとめ

僕は決して菅野や桐畑が悪い選手だとは思いませんし、出れば心の底から応援します。

プロですから、実力優位でいくべきという話もわかります。

ただ、それが通用するのって、楢崎くらい「圧倒的」であることが一つ条件だと思ったりするのですよ。

その場合、後継者が育たないというトレードオフにはなりますから、名古屋は外から獲ってくるしかありません。

ただ、他チームのレギュラークラスを引っ張ってくるのは簡単ではないので、コストとの相談にもなってきて結構苦労すると思います。

なので、ユースで自前で育ててきたっていうアドバンテージは生かしてもいいと思うんですよね。

そういうチーム目指すようですし。

というのが、私の私見であります。

今回は以上!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)