第3節のベストセーブが東口で埋まっても異論はない件

第3節のベストセーブが東口で埋まっても異論はない件

どうも。ぼくです。みなさんお元気ですか。

Jリーグも開幕して3節が経過。

わが軍は開幕で勝利したものの2節3節と連敗。
中々うまくはいきませんが、まだ始まったばかりですからね。

まだことさらに騒ぐ時期でもありませんが、とりあえずこの面子でいける!と判断したのだから、この面子で何とかしてもらいたいです。

補強した面々が軒並み怪我で離脱ってのは厳しいですが…

スポンサーリンク

東口がすごすぎてつらい

レイソルも2節で対戦したガンバ大阪のGK東口がなにやら凄いことになってますね。

2節ではレイソルも相当止められまして…

当然のようにDAZNの第3節ベストプレーヤーにも選出されております。

いやー、実にめんどくさいGKでしたよね、FC東京からしたら。

東口に負けたと言っても過言ではなかったと思います。

チャンスはPK含めてけっこうあったけれど、ことごとく東口に止められてましたからね…

PKストップは初めてとのこと

ところで、前から話題にはなってましたが、東口がプロになってからPK止めたのは今回が初めてらしいですね。

これ、ストップ&再生をしながらよーく見ると、たぶん東口のほうが両足先に出ちゃってるようにも見えるんですよね。

なので、蹴り直しの判定もありえたのかな?などと思ってはおります。
(これについては審判クラスタの方に検証をお譲りいたします)

が、PKストップからのリカバリーまでスムーズですし、お見事と言ってもいいんじゃないですかね。

本人もPK止めてないの気にしてた様子(笑)

大久保のPK阻止…GK東口順昭、プロ初ストップに「やっと止めました(笑)」

弾くところが悪いという声

PKって詰められて決められてしまったときに「弾くところが悪い」とか言われることがあるんですが、正直無理ゲーです。

止めるだけで精一杯だよっ!!

11mかそこらの至近距離から文字通りドフリーでシュート打たれるんです。

コンマの世界で色んなことが起こっているのであって、飛んだ後に弾くところをコントロールしてる余裕なんてありゃしないです。

言いたかないけど「やってみろ」なわけで。

責めるならGKじゃなくてファールした選手にしてくださいませ…

とはいえ、試合中のPKに関しては止めた後もプレーが続きます。

なので、リカバリーの動きが大事になるのですが、今回の東口の動きはすごい早いですよね。

そこも含めた一連の動きがお見事でした。

良い子はよく見て学びましょう。

怪我してしまった件に関する私見

今回のPKストップからの接触は、不幸にも骨折という怪我につながってしまったようです。

GKはどうしても接触のリスクが付きまとうポジションですし、大久保としてもあれは詰めるだろうという場面だったので、結果的に接触してしまったのは仕方ないと思いますね。

大久保も必至なわけですし、繰り返しになりますがGKやってたらこれは起こりえることです。

この件を受けて、一部で大久保を批判する声が聞こえますが、よーく聞いてるとその後?の大久保の態度と絡めて批判してるのが多くて「ちょっと落ち着け」といいたくなります。

今回の接触による怪我と、大久保のその後の態度って完全に「別件」なわけです。

大久保の態度がプロとして許されるかどうか、という議論はあってもいいですが、東口の怪我とは、言っちゃえば「何の関係もない」ことです。

大久保憎さに非論理的な批判繰り広げるのは誉められた態度でないと思うのですがいかがでしょうか。

東口本人も別に大久保に対して怒ったりしてないと思うんだけどどうなんですかね。
(ガンバが審判の判定に怒ってはいるみたいですけど…)

まとめ

ここ2試合の東口は鬼神のごとき大活躍でしたね…

レイソルも東口にオリベイラのヘッドが止められてなければ…って思いますし。

それだけに代表ウィーク前に怪我っていうのは不運ではありますが、怪我してしまったものは仕方がないので、まずはしっかり治してまたピッチに戻ってきてもらいたいです。

そういえば、まだ3節のベストセーブがDAZNさんからピックアップされてませんが、この試合の東口で5つ全部埋まっても文句ありませんw

該当するプレーが5つあったかはわかんないけれど(笑)

カミックのやつもすごかったので、それは入ってきそうですよね。

適当ですすみません。

現場からは以上です。

※ちなみに冒頭の画像は「鬼」です。一応。鬼神と表現したので…

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)