GKの上手さってわかりにくいよね

ずいぶん放置していたら、気づけばワールドカップが終了。

代表監督はザッケローニからアギーレに代わり、今はアジア大会でU-21となでしこが頑張っている最中。

レイソルはネルシーニョが退団を発表、名波氏がジュビロの監督になるとか、なんか色々世の中は動いているのでありました。

いい加減放置しすぎたので、そろそろちゃんと動かしたいなと思ったので、善は急げってことで動かしてみます。

スポンサーリンク

有名人に絡んでみたよ

ツイッター、ブロガー界隈では有名な方に@derorinkumaという方がいらっしゃいまして、サッカー情報追っかけてる方ならご存知かとは思います。

この方、おそらく僕と同い年と思われまして、おもろいブログ書いてるからフォローしておじゃるのですが、つい先ほどこのようなトゥウィートをされていたのでさらし…取り上げてみます。

で、GKへのリスペクトを啓蒙したいわたしとしては、いやもうその通りですよ!
という思いでいっぱいでしてね。

ぼくのリプライは「GK馬鹿にしてる人って、大抵フィールドやらしても大したことない場合が多いですけどね。」という日ごろの理解されなさのうっぷんを晴らすかのように絡みましたとさ。

確かにGKの上手さってわかりにくい

いやまあ、このリプライは実際体験からくる本音ではありまして、GK馬鹿にしてる奴は根本的にサッカーやらせたら超ヘタクソ。心の中で盛大に馬鹿にしてやるんです私。嫌な奴ですが何か。

とはいえ、GKってたしかに良さや上手さがわかりにくいポジションではありますね。

一般の目として「派手に止める」と上手いGKみたいなざっくりとしたイメージはもたれてますよね。

シュートを打つ側からすれば、「打った瞬間に入った」と思うようなシュートを止められたら、自分のスキル不足を反省する前に「あのGK…やりおる!!」ってなる。

これは見ている側も同じで「ああ、こりゃ入った」って思うようなシュートを止めると「おお!あのGKうまいのか!」ってなる。

いかに「誰もが入ると思うようなシュートを止めるか」が一つの指標ではあるのかな。

GKの上手さはセービングのみにあらず

ただ、GKの上手さってセービングだけではなくて、ポジショニングであったりコーチングであったり、いかに正面でボールをとらえるか、またはシュート自体打たせないように見方を動かせるかが本質だったりします。

これが抜群に上手いのがノイアーであり、日本だったら楢崎。この2人はセービングももちろん素晴らしいんだけど、何よりも自分の正面にボールを呼び込むポジションをとれるのが凄いというか。

ノイアーの場合、もはや別次元な感じもしますけどねw

派手なセービングで魅せるGKほど、実はやらかしが多いこともありますからね。W杯で名を挙げたメキシコのオチョアとか、たぶんこのタイプですよ。日本だったら川口と、そして川島…

バッジョは言った

「PKを決めても誰も覚えていないが、PKを外したことは誰もが忘れない」

名言としてあげられることの多いこの言葉ですが、「いや、GKよりマシだから」って正直思っちゃうんですよね。

GKのスーパーセーブは誰も覚えてないけど、GKがやらかしたたった1度のミスは誰もが覚えてる。

こんな状況に比べりゃ遥かにマシ。

川島がこないだやらかしてベネズエラと引き分けました。まあけちょんけちょんに言われてましたね。確かにあれは擁護できんミスですわ。

ただ、川島のおかげで勝ったゲームもこの4年あまりの中で絶対にあるわけなんでね。ああいうのdisるのはいいんだけど、そういう川島の過去の功績は忘れてもいいけどリスペクトはしてあげてほしいのよ。

というわけで川島スーパープレー集。

川島って、ドヤ顔とかやらかしとか、めちゃ綺麗な嫁さんとか、語学とか、サッカー以外のところが注目されがちですけど、実際いいGKなんですよ。日本じゃ歴代でも楢崎、川口に肩並んでる。

とにかく、GKの上手さとか良さってのはわかりにくいのではあるが、結論としては「やってみりゃわかる」ってところか。

とはいえ、別にやったことなくても何語ってもいいとは基本思ってるんでね。
お前、そこまで言うならやってみろ。
なんてことは思ったりはしてませんよ。

某セルジオ氏に監督やれともいいませんよ。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)