GKとしての成長に役立つ本をラインナップしてみる

GKとしての成長に役立つ本をラインナップしてみる

今日のブログはちょっと趣向を変えてみました。

要は、成長のためのヒントになる本をご紹介するというもの。

半分備忘録です。

とはいえ、一応全部読んでますので、それなりに意味はあるはずです。

スポンサーリンク

心で発している言葉に注目する

集中力が足りないと思う人は一読すると良いです。

合わせてこちらも読むと、自分の中でしている会話についてコントロールができるようになってきます。

メンタルを鍛えたい

専門書です。コーチ編と選手編があります。

基本的にはこの著者から多くのメンタルトレーナーが学んでいるようですね。

五郎丸選手の「キックの時のポーズ」は記憶に新しいですが、あれを一緒に作ったメンタルコーチ、荒木さんの著書です。あの時のラグビー日本代表で行われていたこととかがわかって面白いです。

メンタル面でも参考になること多数。

サッカーを学ぶ

GKの大事な役割の一つが「コーチング」です。

チーム戦術に左右されるところはありますが、セオリーを学んでおいて損はないはず。

その意味で、これらは勉強になりました。まだ理解仕切ってないけども。

ちなみに、風間さんのマネジメント本は僕は読んでません。

選手から学ぶ

我らがカズが、日経新聞に連載しているコラムをまとめたもの。今尚現役で活躍しているカズ選手の考え方に触れ、サッカー選手として、人として学べることが多くあります。

人間力とは誰かの口癖ですが、カズ選手からそれを学ぶのが良いと思います。

「できないことではなく、できることに集中する」という考え方を、松井選手から教わりました。

今やプレミアリーガーとしてバリバリ活躍している岡崎選手の半生。コンプレックスをどう力に変えていったのか。コンプレックスがあって悩んでいる人は読んでみると良いかも。

GK必読。

名古屋グランパスのGK楢崎選手の半生から、成長していくためにどんな考え方をし、何をしてきたのかが学べます。

楢崎選手がどう失点に向き合ってきたのかを学ぶことで、吸収できることが必ずやあるはず。

繰り返します。GK必読。

運を味方につける

将棋の米長先生が結構昔に書いた運に関する本。

大事じゃないですか、運。「怪しい」と思うかもしれませんが、稀代の勝負師が将棋の現場で実践し、結果を出してきたメソッドですから、騙されたと思って読んでみて欲しいです。きっと楽しい。

 

今後も、随時足していこうと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)